幸薄い名子役 花宵道中

花宵道中 ☆ 【BD】  宮木あや子の2006年「R-18文学賞」受賞作を安達祐実主演で映画化。江戸吉原を舞台に、原作の第一部にあたる女郎朝霧の悲恋を描いている。安達祐実がこれまでにない官能的な演技に挑戦したことで話題になった。  朝霧(安達祐実)は、小柄で幼い顔立ちであるが、男に抱かれると体に赤い斑点が浮かび上がることで評判の女郎。ある日、縁日で染物職人の半次郎(淵上泰史)…

続きを読む